📕日記

2021-10-12 18:40:00

- 東北6県

東北というと、沖縄出身の普天間かおりさんを思い出してしまいます。彼女は琉球王朝の末裔の方だと聞いています。平和に対するメッセージ性の強い歌詞と、そのずば抜けた歌唱力で人々の心を捉えているようにお見受けしています。そんな彼女は東日本大震災以降、仙台を中心に東北で活動を続けています。立派な方です。沖縄と仙台の方言ってどことなく似てるのか、彼女のラジオを聞いてもあまり違和感を感じないんですね。。。


まったり、ほっこり、もっこりな東北弁、大好きです。本日はこれまた偶然にも午前午後とも東北からお越しいただきました。チェックインしたの?と聞くとチェックインはまだ。荷物は?と聞くとロッカーに預けました。京都観光の予定は?ホテルに入ってのんびり考えます!とりあえず、真っ先にここにきましたという30代の青年達。専門機関や医療関係者だからなのか、あなた達のような人が10人集まったら争いなんて起こらないんだろうなと思うほど、こちらが癒されました。


随分と昔の話です。東北弁って温もりがあっていいよね~って言ったら「おめぇ、それ、田舎だともってばかにしてるっしょ」って、いやいやアッラーの兄弟に誓ってうそでねって返したら「ほれみろ」と笑いながらツッコまれたのを思い出してしまうほど、今日の男前君達、ほんまええ顔してはりました。おっ、11月行こうかな~とか言うてた君、はよおいで!!

W2560Q80_AdobeStock_355869857.jpeg

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止