📕日記

2021-09-11 16:02:00

- 有朋自遠方来

出典 論語・学而
「朋有り遠方より来る」という論語をお聞きになったことが一度はあるかと思います。意味は、志ある人達は遠方からでも集まって、学び合う。同窓・同門のようなものですね。SNSは便利になった反面、教えてくれなくてもいいことを教えてくれますので、良いのか悪いのか悩みどころです。次からどんな顔したらええねん?となります。あまり使わないLinkedInが、「この人知り合いちゃう?」「あんたはんの電話帳に載ってはる人やで」「よろしゅうコメントしたって」とお節介なメッセージを仕掛けてきましてですね。誰やねんと覗いたら・・・

マジかー!!!あのイケメンマッチョお兄さんやないかい!! え”~Wikipediaに堂々とノミネートされてるお兄さん。うら恥ずかしさで胸アツです。
とりあえず、また上方からお越しにならはっても知らんぷりしときますかね。


えーさて、本日のVIP様、この近所でオープンするというアジア初の高級ホテルがどうとかこうとか、よく聞き取れなかったのでスルーしましたけど。
京都は、ビジターのターゲット層を超富裕層にシフトしていくなら上品に振る舞う方がいいように思います。数百年経った古びた和風建築であってもそこに訪れる人は、その空間に癒され贅沢なひと時を過ごしていると思います。それは、Invaluable 最も重要なことのように思います。

Academic, Modern, tradition, Old imperial palace 世界は見ています。
海を越えてわざわざありがとうございました。またね~

W2560Q70_AdobeStock_193180167.jpeg

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止