RUDRA AAROGYAM JAPAN

RUDRA AAROGYAM JAPAN

INFORMATION for ALL MENS

2018 / 09 / 21  00:32

🍀普通のマッサージとの違いは何?🍀

【お断り】
先ずはじめに、アーユルヴェーダの施術を説明する上で翻訳の関係上、医療・医術用語を表記する場合がございます。これは誤解を生じさせない為に原文に近い表現を用いております。また、明らかに医療行為における所見の解説が含まれる内容につきましては原文のまま記載しております。当サロンにおいては心と身体のリラクゼーションとリフレッシュを目的としており、医療的行為やそれに掛かるご質問の受け答えには、申し訳ありませんが承りかねますことを予めお含みおきください。

 
【 副作用について 】
アーユルヴェディック・マッサージやトリートメントについては副作用は無いといわれています。

Are there any side effects?

No, there are no side effects. Initially, after the treatment, your body might experience a temperature rise and sudden fever. But this is a natural phenomenon as this is your body’s way of getting rid of the toxins. Few individuals can experience cold for few days as the herbs, and the oil use can cool your body. But these symptoms are very much temporary and should heal within a few days.


【 禁忌事項 】

次のような場合は施術を避けなければなりません。
Ayurvedic Massage Contraindications

-Fever
-Indigestion
-Kapha aggravation
-In ‘ama’ conditions which includes an acute swelling
-Immediately after Ayurvedic detox therapies like Vamana (induced vomiting) and Virechana (induced purgation)
-In any acute illness (unless permitted by your doctor)
-During menstruation
-Blood clots (like deep vein thrombosis) or bleeding disorders
-Hangover
-In extreme emotional states
-Dehydration
-During chemotherapy

Note: If there is pregnancy seek the advice of your doctor before receiving Abhyanga.



【 Abhyanga アビヤンガとは 】
The Difference Between Ayurvedic Massage (Abhyanga) and Regular Massage
アーユルヴェーダには様々な治療法がありその中でも薬草療法が大きな位置を占めています。過剰なヴァータ(不純な物)を排出するためのバスティ(浣腸法)の前処置にあたるアビヤンガがあります。アビヤンガは、2つのサンスクリット語「abhi」と「anga」が組み合わさってできた言葉で「abhi」は繰り返し・方向を意味し、「anga」は手足・動きを意味します。

皮膚に浸透しやすく抗酸化作用が強いセサミオイルを用い全身に塗布します。塗布することで発汗が促進されそれと同時にデトックス効果も期待できます。マッサージの手技は、東洋・西洋、日本伝統の手技と相通じる部分が非常に多くこれがアーユルヴェーダマッサージというのはなく地域や医師、セラピスト達の伝承やテクニックによる部分が大きいです。

【アビヤンガの歴史】
アビヤンガは、アーユルヴェーダの薬に由来する特徴的なマッサージです。アーユルヴェーダのマッサージは、心身、肌、免疫機能に大きなメリットをもたらします。それには、豊富な量のオイルと二人または一人のセラピストによる連続した身体組織の弛緩、軟硬化が含まれます。アビヤンガと他のタイプのマッサージとでは、様々な地域・場所で経験と臨床を通して開発され、世代から世代に渡って伝承されてきた基本的な手技を伴う点では同じです。

興味深いことに、アーユルヴェーダのテキストには、アビヤンガに含まれる手順の詳細は記載されていませんが、緩やかな摩りを意味する「samvaham」、圧迫を意味する「peedan」、現代のマッサージテクニックに対応する圧力マッサージを意味する「mardan」が何世紀にも渡って異なるアビヤンガ技術が開発されてきました。   

【具体的にここが違う】
現代の一般的なマッサージが心臓から末梢に向けて施術されるのに対して、アビヤンガは血液の流れに沿った同調的なマッサージです。実際には、体毛の方向に向かってマッサージします。この理化学的根拠は、身体の最も遠部に向かって血流を増加させ静脈還流を増加させることによる心臓への圧迫を回避する目的があるのと同時に、ヴァータ(不純な物)を体内から除去するために身体の中心大腸に寄せ集めます。

【だからおススメしたいのです】
現代の一般的マッサージとアーユルヴェーダのマッサージとでは、まず根本的な目的が大きく異なります。精神や身体を弛緩、軟硬化させ疲労を取り除き精神の安定を図るのはどちらも同じですが、根本的な原理がそもそも違いますから人体に与える効果影響も変わってきます。アビヤンガは患部への対処療法的な処置ではなく、精神的・肉体的なバランスを整え次の処置へ向けての準備なのです。

当サロンでは、アーユルヴェーダのひとつアビヤンガ(フルボディマッサージ)のそのまた副次的に
発生する効果を体験していただこうと考えております。

動画でもご覧になれます。↓↓↓
https://ryoshun.com/free/intro

59D33A80-2DF7-438E-9457-183E1A17ED5A.jpeg

 ã€äº¬éƒ½å¤§å­¦æ±å—アジア研究所論文】
「アーユルヴェーダ」をいかに現代に活かすか : インド、アメリカ、日本における実践からの一考察
アーユルヴェーダが何か、写真と共にとても分かりやすく研究された論文です。お時間のある時にご一読されてみてはいかがでしょうか。

Tap to the Image
kurenai.gif

Ayurvedic massage is known as abhyanga. The word ‘abhyanga’ is composed of two Sanskrit words, abhi and anga. Abhi means ‘towards’ and anga, in one of its meanings, refers to ‘movement’.

 

Abhyanga is a synchronized massaging of the body towards the direction of the movement of arterial blood. In practical terms it means massaging the body in the direction of the body hair. The scientific reason for this protocol may be to increase the blood flow towards the most distal parts of the body and avoid overwhelming the heart through increased venous return if the massage is done towards the heart, or in other words, in the direction opposite to that of the body hair.

 

Abhyanga may be done using oil, herbal powder, herbal pastes or ghee. It is a part of the dinacharya or the daily routine suggested by Ayurveda. It is used for relief of pain, stiffness and tiredness. It also forms an important part of snehana or oleation which is an indispensable prelude to panchakarma treatments, the five Ayurvedic detoxification therapies.

 

Abhyanga not only prepares the body for panchakarma, but also helps to mobilize the dosha from the periphery toward the core in order to get them eliminated through the body orifices. The Vata dosha is particularly pacified by Abhyanga but even Pitta and Kapha can be pacified using different massage mediums like ghee and herbal powders respectively. Abhyanga is considered an important treatment modality for balancing the dosha.

 

Abhyanga and other types of massage are the same in that both involve the basic manipulation techniques that have been developed through experience by different schools and have been passed on from generation to generation. Interestingly, Ayurvedic texts do not give details of the procedures involved in abhyanga but mention ‘samvahan’ which means gentle rubbing, ‘peedan’ which means pressing and squeezing and ‘mardan’ which means pressure massage, which corresponds to modern day massage techniques. Different abhyanga techniques have been developed over centuries. Marma massage and Kerala foot massage which were traditionally used to heal injured warriors were carefully guarded secrets. Now they are being taught to other seekers as well.

 

NOTE: Abhyanga is a unique form of massage, originating in Ayurvedic medicine. Ayurvedic massage has tremendous benefits to the mind, body, skin and immune system. It involves copious amounts of oil and a unique two or one-therapist sequence that relaxes and softens the tissues. Delight your clients, friends or family with Ayurvedic massage, a balancing bodywork treatment for mind, body and emotions.

 

Ref.https://www.theayurvedaexperience.com/blog/ayurvedic-massage-abhyanga/

2018.11.17 Saturday